介護老人保健施設は、病気や障害により、要介護状態になった方に対し、看護、医学的管理下で介護及び機能訓練や日常生活上の世話を行い、居宅における生活への復帰を目指す施設です。
 
 
 
介護老人保健施設を利用できる方。

1. 65歳以上で常に介護を必要とし、介護保険の要介護度1以上の方。
2. 40歳から64歳までの方で、初老期認知症・脳血管疾患等の老化が原因とされる16種類の病気(特定疾病)により、介護保険の要介護度1以上の方。
    
 
 
 
介護認定で要支援以上になった方が利用できます。医学的管理下で介護及び機能的訓練や日常生活上の世話を行うことにより、ADL(日常生活動作)の向上に努め、家族の負担の軽減を図ります。
 
 
↑近くの小学校で花祭り
↑庭園でバーベキュー
↑施設内の菊の展示
↑小学生とクリスマス
 
 
 
介護認定で要支援以上になった方が利用できます。機能訓練・入浴・食事・健康チェック・各種相談や趣味等を通してADL(日常生活動作)の向上に努めると共に、仲間づくりなどを通じて、心身の機能維持、回復を図ります。  
 
 
 
12人が一つの家庭の中で生活しています。
職員も家族の一員として馴染んでいます。
一人ひとりで入浴してり、みんなで料理したり家庭的な生活を大切にするケアです。
利用者の細やかな心の動きに注意を払い安心で楽しい共同の生活をめざします。
心のケアを大切にすることで、認知症の方にも安心感を与えることができます。
運動不足にならないように、行事にもリハビリにも力を入れていきます。


※協力病院:永野病院 、 協力歯科:三橋歯科医院
 
   
   
 
 
Copyright© 2004 介護老人保健施設クレイン All rights reserved.